プリンタを家庭で使い倒そう!〜目からウロコの活用術〜

Dプリンタでチョコレートをつくる

最近は物体の断面を印刷して、それを何層にも重ねることで立体的なものも作れる、便利な3Dプリンタが登場していますが、英国のある大学は、チョコレートを作ることができる3Dプリンターを開発したそうです。プリンターでチョコレートを作る際に障害となっていたのは、チョコレートの加熱と冷却のサイクルを正確に行う必要があることだったそうですが、3Dプリンターを開発した大学とソフトメーカーの共同プロジェクトチームは、新しい温度管理システムを作ることでこの問題を解決したということです。
彼らが開発した、プリンターでチョコを造形する技術は、ユーザーが好きなデザインの3Dオブジェクトを作れるというのが大きな特徴です。この技術をさらに発展させると、チョコを食べる消費者が自分の好きなデザインの製品を色々な素材を使って作れるようになるそうです。大学とソフトメーカーの共同プロジェクトチームは他に、立体チョコをデザインするための使いやすいインタフェースも開発中ということで、これにも、将来はオンラインショップがユーザーに3Dチョコのデザインをアップロードしてもらい、3Dプリントをして配達する、といったビジネスの展開につながると期待が寄せられています。

便利な家電のホームページ

このエントリーをはてなブックマークに追加