プリンタを家庭で使い倒そう!〜目からウロコの活用術〜

家庭向け3D対応プロジェクターが発売に

日本の有名電器メーカーが、近日、3D映像に対応した家庭用ビデオプロジェクターを発売すると発表したそうです。このプロジェクタで3D映像を楽しむためには、オプションの3Dメガネと3Dシンクロトランスミッターを必要としますが、本格角的なシアタールームでなくても、3D映像が楽しめるのが魅力です。さらに、3D映像だけでなく2D映像のクォリティも、従来機種よりアップしているそうです。
このプロジェクタを使えば、遮光カーテンを引いたリビングルームなどでも、3D映像を楽しむことができるそうです。さらに、このプロジェクタでは、新開発のランプとその制御のための周辺回路により、クロストークが少なく、しかも明るい3D映像を実現しているそうです。このランプの制御回路のおかげで、高速な点滅を繰り返していても、プロジェクタのランプの寿命が短くなるということもなく、ランプの光量の変化による色味や階調の変化も起こらないそうです。

便利な家電のホームページ

このエントリーをはてなブックマークに追加